太陽光発電は太陽電池を屋根などに設置して太陽の日差しを直接電気に変換する発電方法で最近になって導入する家庭が増えてきています。
晴天の日が多くないと効率良く発電する事が出来ないという問題点もありますが、メリットになる点もあるので見ていく事にしましょう。

月々の電気代を安く抑える事が出来る

太陽光発電を導入して電気を発電すると優先的に家で使用されるようになるので月々の電気代が安くなります。
最近になって電気代は値上がりしていて生活が苦しくなる人も出てきているので月々の電気代が安くなるのは経済的に大きなメリットになります。

電気を売る事が出来る

太陽光発電を導入して電気を発電して余った時は電力会社に売る事が出来ます。
電気を売る時の単価は普段の電気代の単価より高く設定されているので電気の使用量が少ないと利益が多く出るのでメリットになります。

停電の時も対応する事が出来る

停電になると電気を使用する事が出来なくなるのですごく不便になってしまいますが、太陽光発電を導入していれば停電の時も対応する事が出来ます。
特に地震など大きな災害の被害を受けて停電が長引いてしまう時は大きなメリットになります。
太陽光発電のメリットはこのようにあるので導入する事を検討してみるといいでしょう。
こちらに太陽光発電のメリットについて書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 メリット

関連記事


    家庭内で発電して余剰となった電気エネルギーを売電することは、電力会社から電気を買わない上、利益を得られるといったメリットがあります。 しかし、太陽光発電はエネルギー源は太陽光であるため、設備投資費用と…