脂性肌は、皮脂量が多くニキビが出来やすいです。
皮脂がダニの餌になるので、広範囲にニキビが出来ます。

まずは、皮脂の分泌量を抑えることが肌荒れを防ぐ方法なのです。
しかし、元々の肌質の問題もあるので、すぐに治るわけではありません。
あまりにも酷い時には、体の病気も考えられます。一度病院に行き、医師に相談することも大事です。
皮脂が出るから何もしない方が良いと考える人もいます。自宅で出来るケアとしては、スキンケアをすることです。
肌が乾燥していると、皮脂が多くなることもあります。

まずは、クレンジングで毛穴の汚れを落とした後に化粧水を使いましょう。
ニキビが出来やすいなら、ビタミンC誘導体がお勧めです。
肌の細胞を活性化させて、ニキビ跡の予防もしてくれます。
すでに赤くなってしまった跡を治す効果もあるのです。
化粧水を付けた後には、乳液も塗りましょう。
水分だけでは肌が乾燥してしまいます。
乳液はさっぱりしたタイプの化粧品を使うと良いです。

水分が含まれた肌は潤いがあり、綺麗に見えます。
毛穴に蓋をすることが大事なので、乳液を塗り保湿クリームも塗りましょう。
肌荒れしている時には、さっぱりしたスキンケアを心がけると良いです。

詳しくはこちら⇒乳液 ニキビ

関連記事