家庭内で発電して余剰となった電気エネルギーを売電することは、電力会社から電気を買わない上、利益を得られるといったメリットがあります。
しかし、太陽光発電はエネルギー源は太陽光であるため、設備投資費用とメンテナンス費用以外にはエネルギーを供給源は無尽蔵となり、発電コストが非常に安くなります。
ただし、日照時間や天候による影響、そして夜間は発電出来ないといった問題もあり、家庭内でエネルギー自給率を100%にすることは太陽光発電だけでは難しくなります。
そこで、ガスを利用したエネファームで太陽光発電の苦手とするところで効率的に電気を得ることが出来ます。
そして、利用しない電気エネルギーを売電することが可能です。
しかし、両方の発電システムを利用することは効率の良い発電は出来るものの、売電効果が大きく低下します。
そもそも、電気買取価格の優遇を受けているのはあくまで再生可能エネルギーであり、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーを利用したものです。
一方、エネファーム自体はガスを利用する発電システムとなり、再生可能エネルギーには該当しません。
同じように売電出来るものの、エネファームによる電気を売電することで太陽光発電による売電価格が下がってしまい、トータル的に投資費用の回収も難しくなるといった問題が発生してしまいます。
そのため、売電するのであれば太陽光発電のみにした方がコストパフォーマンス良いと言えます。
solar2

参考:太陽光発電 エネファーム

関連記事


    太陽光発電は太陽電池を屋根などに設置して太陽の日差しを直接電気に変換する発電方法で最近になって導入する家庭が増えてきています。 晴天の日が多くないと効率良く発電する事が出来ないという問題点もありますが…