授乳中は銀座カラーの施術を避けた方がいい?

銀座カラーでは妊娠中や授乳中の施術をしないという約束がホームページに明記されています。

これを「赤ちゃんに影響があるから」とか「母乳に影響を与えるから」と勘違いしている人が多いのですが、実は本当の理由はそこではありません。

本当の理由とは「ホルモンバランスに配慮している」ということなのです。

女性は妊娠して出産、その後の授乳の間もホルモンバランスが安定しない時期になります。
授乳中は生理が再開しませんが、これもホルモンの影響です。

ホルモンが乱れていると肌荒れを起こしやすかったり肌が過敏になりやすかったりするので、銀座カラーでは「脱毛の施術をしない」と決めているのです。

妊娠に気づかず銀座カラーで脱毛をしちゃったけど

これも全く問題ありません。
ホルモンバランスが乱れる時期ですから、施術の後に肌が荒れたりしていないのであれば良かったです。

妊娠に気付いたら一旦施術はお休みしましょう。
もったいない気がしますが、途中まで処理できているムダ毛は生えてきませんので大丈夫です。

ホルモンバランスが乱れて残った毛が濃くなることもありますが、これも授乳を終えて正常に生理が来るようになれば元に戻るので心配いりません。

妊娠線あたりに生えてくるお腹の毛も必ず元に戻りますので、あまり心配し過ぎないでくださいね。

関連記事