50歳になったばかりの女性です。

親の介護の関係で前職を離職して約10年近くになります。

前職では、建設会社の事務、営業の仕事をしていました。

数年前から、再就職先を探しては見るもののなかなか就職先は見つかるものではありません。

経済ニュースではアベノミクスの効果で景気は回復傾向に向かっているとはいうものの、
それは大学生の新卒採用に光が差しているに過ぎないことを痛感します。

中年期に入った状態での就職は、
今までの人間関係や職歴それに在籍していた会社でのポジションが大きく影響します。

営業職といっても管理職にいた私の場合、
地元の同業社の人事担当者に会うと感触は良いものの採用にはつながりません。

異業種への就職先というと二の足を踏みなかなか結果にもつながりません。

悪循環のスパイラルにはまり込んで、ここ数年苦しんでいます。

こちらのサイト仕事探しの参考になりますよ。⇒ 50代 女性 仕事

親の介護の問題がなければ、
別の場所での就職先を模索することもできるとは思いますが、
現実にはそうもいきません。

自分の経験を活かす場所を見つけることは難しく、
新たな可能性をいかに探すかは若い年齢の人たちよりもはるかに難しいことを
思い知らされます。

働き方改革という言葉が最近ニュースに取り上げられますが、
会社の雇用形態だけではなく会社に勤めること自体の社会全体の見方と
私自身の感覚が一致することができていないことが何よりの問題だと思っています。

それでも、介護の必要な親を抱えながら、
パート的な仕事をこなしながら再就職を模索する日々が続いています。

関連記事

    None Found